このブログはオーディオユニオン柏中古センターの最新入荷・セール情報や下取・買取情報などをお知らせしております。
[1142]  [1141]  [1140]  [1138]  [1137]  [1136]  [1135

 
柏中古センターではTANNOYスピーカーのアンテナショップとして、新旧モデルのご紹介を続けています。今日もごったがえして雑然とした試聴室より、ちょっとレアなスピーカーシステムをご紹介。その名も英国TANNOY社の「オートグラフ・ミレニアム」!

まずは正面から全体の写真。まるでタンスのような大きさに圧倒されます。
 

最近入荷したこの中古スピーカーは復刻版ですが、オリジナルの発売は1953年。なんと今から66年前ですよ。以降、時代とともに変化(いや、見た目はあまり変化してないかも)。変わらないのはこのバカでかいサイズ。ミレニアムモデルは2001年発売の復刻モデルで、W1075×H1525×D658/mm、重量なんと101kg。

サランネットを外すとこんな感じ。
 

15インチ(38cm)の同軸ユニット。低域と高域のユニットを同軸上に配置することで、定位感に優れ、解像度も向上するように設計されています。同じ英国ブランドのKEF社でも独自の同軸ユニットが採用されています。
また、このオートグラフの磁気回路には、アルニコマグネットが採用されています。アルニコマグネットは磁力が強力な為、瞬発力やエネルギー感、鮮度に優れていますが、希少で高価な為、近年はフェライトマグネットが主流になっています。
同社では、ウエストミンスターGRやカンタベリーGR等、一部のハイエンドモデルには現在もアルニコマグネットを使用しています。
 

ヴィンテージ品はこだわり出すと、オリジナルの箱がどうだとか、同軸ユニットが、やれ、モ二ターシルバーとか、モニターレッドだとか。。色々ありますが、今回は目の前にある、このでかいスピーカーを観察しながら聴いて行きましょう。
 

背面の写真はあまり見かけないので、この際じっくりと確認。この箱はエンクロージャーといい、内部がバックロード方式で仕切られ、低域が豊かに鳴るように設計されています。背面が三角型になっていますが、部屋のコーナーに配置することが想定されています。

後ろから見るとこんな感じ。
 

型番とシリアルNoの表記。こちらは23と24番です。
 

「MADE IN GREAT BRITAIN」 英国製を主張してますね。
 

このプレートが、日本のTEAC社が正規輸入しましたという証。
 

オートグラフは、やたらでかいですが2WAYスピーカーなのです。スピーカーターミナルはこんな感じ。
 

このターミナルは先バラのケーブルから、Yラグ、バナナプラグに対応しています。バイワイヤー対応なので、上下に高域用(HF)と低域用(LF)の記載があります。お手持ちのアンプやケーブルがシングルワイヤー(通常のプラスマイナス接続機種)の場合、HF、LFどっちに接続するの?

これは良くある質問ですが、まずはLF側に接続してみてください。この信号はジャンパーケーブルを介してHFへ流れて行きます。なぜ先にLFかと言うと、音は高域の方が伝達スピードが速いので、低域側に先に接続することで、リスニングポイントに到達する時間軸を合わせ、聴感上の定位感や位相感を整える為です。

他社のスピーカーシステムでも、高域用ツィーターが奥まった設計の製品を目にすることがあると思いますが、単に見た目のデザインだけではなく、音がリスニングポイントに到達する状況を考慮されて設計されている訳です。

ただし、必ずしもLFに先に接続しなければいけない訳ではなく、ご使用状況や接続機器によってHFを先にしたり、片側HF、片側LFなんてアレンジもありますので、ご自身のお耳で確認し、追い込んで行ってください。

さて、もう一つ端子が余っていますね。これは他社のスピーカーではあまり見ない、アース端子です。
多くの方はアースは取らずにそのまま使用されていますので、必ずしもアースを接続しなければならない訳ではありません。アースを取ることで、ノイズ感が軽減され、静けさや粒立ちが改善される効果が期待されます。

スピーカーケーブルはTANNNOYスピーカーの内部配線にも使用されているVAN DEN HUL社のケーブルを使用。
VAN DEN HUL VH-AIR-2.0M/22 3T THE AIR
希望小売価格148,000円(2.0m税別/シングル→シングルワイヤ/ペア)
 

このケーブルは、ナチュラルかつ、落ち着きがあり、音楽性が豊かなケーブルです。また、アースケーブルも装備されているので、上記で記載の通りTANNOY社のスピーカーのアース端子に接続することも可能です。

ケーブルは上位機種になればなるほどノイズ感が無くなり、大人しい印象になります。ちょっと聴いただけではしっくりこないかもしれませんが聴き疲れないのが特徴で、ボリュームをどんどん上げたくなります。

反面、入門機種は元気な音なので、付け替えた時に変化が分かり易く、解像度が上がった様な印象は受けます。その為、聴き慣れてくると、輪郭のザラツキ、奥行き感不足を感じ、聴き疲れることになります。

以下の写真は背面にある高域のコントロール端子です。LEVELの位置にしていただくと周波数特性がフラットになりますので、この位置が定位置となります。使用環境や、スピーカー自体のエージングの進み具合、お好みによりロックネジを差し替えてご使用ください。
 

サランネット部。この布を綺麗に維持することも大切。本体もそうですが、直射日光、高音多湿は避けましょう。経年で変色してしまい、左右の色が別物のようになってしまう場合がありますのでご注意。なお、当モデルのサランネットは下部からネジ留めされています。
 

PART.2へ続く。。


このブログは、オーディオユニオン柏中古センターの最新入荷・セール情報や
下取・買取情報などをお知らせしております。
オーディオアンプ、スピーカー、CD/レコード/ネットワークプレーヤー、ヘッドホンやケーブル等のアクセサリー関連まで。
オーディオ機材の高価下取・買取も行っております。
お気軽にご相談下さい。

柏駅南口又は東口からアーケードの商店街を抜けて徒歩約5分。
地下1階の店舗にはコンポコーナー、ハイエンドコーナーがあり、試聴室ではゆっくりとご試聴も可能です。
事前にご相談の上、ぜひご来店下さい。

〒277-0021
千葉県柏市中央町1-1
柏セントラルプラザ地下1F
電話 : 04-7163-2270
FAX : 04-7163-2224
MAIL : kashiwa@audiounion.jp


01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


オーディオユニオン全店の在庫が
型番で検索できます!!
中古 新品 
フォームにモデル名を入力して
ボタンをクリック。